まるとく剣道防具の思いです

剣道を通じて学んでほしい事

礼儀

まるとく剣道防具の店長の宮崎です。ちょっと生意気ですがここでは当店の剣道・武道に対する思いというか、考え方のページにしたいと思います。あくまでも当店の考え方です。


剣道を学ぶ以上、稽古を通じて技を上達させ実戦で勝ちたい!強くなりたい!という思いは誰もがもつ感情です。決して間違いではありません。私たちまるとく剣道防具は剣道を通じて「礼儀礼節」「感謝の心」を学んでほしいと考えています。


礼儀礼節とは、人間社会や社会生活の秩序を維持する為に人が守るべき行動。そしてその行動が場合に応じてわきまえられる事です。


難しく書きましたが、簡単に表現すると、特に社会に出てからの人間関係の始まりは挨拶です。相手を尊重し又相手に敬意を表して「おはようございます」「はじめまして〜です。」わかっていても普段から心掛けていないとなかなかできないものです。大人だからといって必ずできるかというとそうでもありません。そして感謝の心をもって「ありがとうございました」大事なことです。


ある人がこんな事を言っていました。「小さい頃のしつけは、”おはようございます” ”ありがとうございます”だけをきっちり言えればそれだけで良い」と。単純なことですが大切な事です。


そこで当店ではこの思いを大切にしています。まるとく剣道防具の思いを表した造語ですが、「礼技礼接」です。

技が上達しても、品位、人柄が欠けていては本当の剣道を習ったとは言えません。剣道を通じて礼を学び、礼を身につけて欲しいと考えます。

を持ってを磨き、を持って人とする”


道場だけでなく家庭、学校でも常に真心と感謝の心を持って礼儀正しく、立派な人格と精神を養うように心掛ける事が大切です。


私たちは礼を大切にし剣道に励む皆様を心から応援します。

  • 礼技礼接
  • 剣道防具商品一覧
  • まるとく剣道防具 安心の理由
  • 剣道防具ご購入方法について
  • 剣道防具のサイズの測り方/サイズ保証/返品について
  • 配送方法・決済について
  • よくあるご質問