垂帯紐の結び方/胴と垂のしまい方

まるとく剣道防具のオリジナルではありますがご紹介致します。

【剣道初心者の方の為のビギナーズマニュアル】

垂帯紐の結び方
胴と垂のしまい方

垂帯紐の結び方

頭部の測り方

 
1.まず初めに帯止め部分外側から約6p程の輪っかを作り、垂の表側に戻してきた紐を下側へ三角折りにします。

2.そのまま同じ方向にぐるぐる巻き付けて、最初に作った輪っかを巻き付けた帯紐の方へ戻し、帯紐の先端を差し込みます。

3.同じようにもう片方も結びます。
注)帯紐の長さにより仕上がった時、輪っかから出る帯紐の長さは異なります。

4.完成です。
注)輪っかが小さすぎると帯紐が通りません。又、大きすぎると帯紐は固定しません。


胴と垂のしまい方

頭部の測り方


準備するもの 胴(完成品)、垂(帯紐を結んだ状態)
1.画像1の様に垂の表側を上下逆さにし、その上に胴の裏側が上になるように置きます。

2.両方の長い胴紐を垂の裏側に回し、十文字に強くしばり胴の裏側に回します。

3.回してきた胴紐を蝶々結びにします。
注)この時しっかり結ばないと胴と垂が固定されません。

4.短い方の胴紐で垂帯を固定するために、下から上方向に胴台に巻き付けて止めます。

5.同じようにもう片方も巻き付けたら完成です。




  • 礼技礼接
  • 剣道防具商品一覧
  • まるとく剣道防具 安心の理由
  • 剣道防具ご購入方法について
  • 剣道防具のサイズの測り方/サイズ保証/返品について
  • 配送方法・決済について
  • よくあるご質問